スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part48

2014年10月09日 00:56

バルトロメオはビアンカ派。

彼みたいに鈍器で豪快に敵をぶっ潰す系男子は好きだよ。
プレイ中は気づかなかったけど、編集で見直してたら箒で戦ってるんだもんなw

彼を救出する直前の行動は、
銃殺→ダブルアサシン→ナイフ投げ→エアアサシン(2名同時)→ポイっちょ(海)
という大盛り増し増しな流れだったり。行動パターン多彩で楽しいわあ…。
モーションが終わる前に、次は何をどうやって倒そうかと練るのがアサクリの醍醐味。



超高画質なYouTube版はこちら。
http://youtu.be/SNWoV4REdaU

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part47

2014年09月29日 23:45

正直、途中で詩人のせいで追跡がバレたかと思って焦ったよ…。
あのシーンは本当に慌てたので、エツィオがその場であたふたしてるw
しかし、最近ずっと毎回詩人とやりあってる気がする。

後半の暗殺のシーン、例によって誰も敵の演説に耳をかさない。
悪事をはたらく者の長演説って死亡フラグにしかならないよね。
それにしても、護衛のくせに全力で兵士が娼婦に釣られていて笑ったw



超高画質なYouTube版はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=dD3a_GU_Y0E

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part46

2014年09月28日 01:20

3日連続投稿達成。
というわけで、こんなことつぶやきました。






今後は生活に色々と余裕がある感じになるので、
趣味である動画制作にも多く時間を割くことができそうです。
動画を見る人も、そして作る自分も幸せな形でいけそうなので、
今後とも宜しくお願いします!



超高画質なYouTube版はこちら。
http://youtu.be/Qlws3VQNEnE

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part45

2014年09月27日 19:48

ヴェネツィアと言えば大運河も有名だけど、謝肉祭も観光の目玉の一つ。
毎年大々的に催されて、世界各国から仮面舞踏会やコンテストを見に人が集まるとか。
元々は断食の時期を前に羽目をはずすために設けられた祭りで、
この期間は貴族も庶民も関係なくどんちゃん騒ぎをし続けたそうだ。
とは言っても、動画のように追いかけっこやスリ競争をしたという歴史はなさそうだけどw

チェイスシーンには初代アサクリのBGMがよく似合うなあ。



超高画質なYouTube版はこちら。
http://youtu.be/nWyhGR1Ohdo

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part44

2014年09月26日 01:43

レオたんの家にきたお。インしたお。
というわけで、ヴェネツィア総督の命を救えなかったエツィオは、
おたずね者となった窮地から脱するべくレオナルドの画廊へとやって来たのであった。
いつもすいませんね。お邪魔しまして。

顔を隠すためのカーニヴァル用の仮面を貰うついでに写本を渡すのだけど、
これを元に完成するシロモノはなんと袖口に仕込める小型の銃だ。
時代はアルタイルの頃と違って先進しているので、
当時としては最先端の火薬を用いる暗器をアサシンが使っていても不自然じゃあない。
標的を即死させる確率の最も高まる武器といえば、銃だし。何よりロマンだし。
これで暗殺もはかどるなあ…と思うところだけれど、そうは簡単に問屋がおろさない。ヌルゲーにはならない。
銃を撃つためには静止した状態で狙いを定め、照準が絞り切るまで待たないと命中率がガクッと落ち込むのだ。
強力ではあるが、弱点もある、ここら辺のバランスはとてもよく取られているなあという印象を受けた。
連射もできないしね。ここぞ!という場面で大事に使おう。

後半で出てくるシスターテオドラは、
ラ・ローザ・デラ・ヴィルトゥ(La Rosa della Virtù純潔のバラ)という娼館を営む女性。
ここで生活する娼婦は元修道女で、教会は何度も閉鎖しようと試みたが1516年に火災にあうまで営業を続けた。
この時代は、娼婦が足を洗って修道女となったり、その逆もあったりと、いろいろとあったそう。



超高画質なYouTube版はこちら。
http://youtu.be/jpbhnc1dz20



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。