スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part23

2013年09月27日 00:51



前半。リトル・ジェイコブとデートに行きます。
行き先はコメディクラブ、演目はリッキー・ジャーヴェイスのスタンドアップコメディ。

リッキー・ジャーヴェイスは実在する英国のコメディアンであり、
TVシリーズ「The Office」や映画「ナイト ミュージアム」で有名なお方。
ゲスいブラックジョークが多くて人を選ぶコメディアンだけれど、俺は好きだなあ。
また別の内容のコメディも、動画で取り上げたいと思います。

後半はブルーシーちゃんの家に行くのだけど、
頼まれたお仕事がトンデモナイ展開になるのでぜひとも見てもらいたいところ。
カーチェイスしながらの銃撃戦は、今までのパートの中で屈指の出来。
こういうシーンが撮影できるから、PC版GTA4は大好きだ!
スポンサーサイト

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part22

2013年09月26日 21:53



記事説明にもあるように不殺回。
前の動画で派手にショットガンやサブマシンガンで暴れたので、
たまにはこういう殺生のない回もあってもいいよね。

冒頭に見せている街並みは、GTA4のストーリーを進めて直に見ると感動。
オープンワールドアクションゲームというと今では一般的になっているけれど、
マップが1枚になっていてロードもなく、色々な場所に行けるっていうのは凄いよ。

ずっとジャージのままだったけれど、お着替えをしてみようと服屋へ。
割りと自由に服装をカスタマイズできるのが、自分の特に気に入っている要素です。
オープンワールドゲームは没入感が大事!

あとは、動画の後半は、ローマンと紳士の社交場であるストリップクラブへ。
行き帰りにダラダラと話す内容も細かくて楽しいんだよね。
物語の進行に合わせてちゃんと変化するのもイイ。

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part21

2013年06月28日 00:25



さて、The Last of Usをプレイしまくりまして、
感動に号泣に放心状態、という一連の感情の波を一気に経て、
クリア後の余韻をそのままGTA4の動画編集にぶつけたときちくです。
ツイッターでも連呼してるけどマジで良いゲームですよ。

妻もあまりの居ても立ってもいられない感じに、記事にしています。

ブログ:あけたらしめる「The Last of Us」
http://aketarashimeru.blog7.fc2.com/blog-entry-1177.html
(クリアしての感想含むので、それを嫌う人はプレイ後に読むことを推奨)

と、その勢いのままに動画編集に戻ったものだから、
今回の銃撃戦のシーンはいつも以上に力が入っちゃってます。
やっぱりショットガンの発砲音はシビレル。
ニコがやたらと「asshole!」とか「Fuc* You!」とか叫ぶものだから、
せっかくなのでアップショットをいくつか入れてみたところ、映画っぽくなったかな、と。
自分が映画好きで、映画らしい雰囲気の動画にしたいと思って作っているので、
「映画っぽい」「日曜洋画劇場かよ」というコメントはとても嬉しいです。
動画上部に黄色文字で「プレゼントのお知らせ!」的なコメントがあったのには笑ったw

ニコ動は動画投稿周りのアップデートがめっきりなくて寂しいけれど、
こうして皆さんのコメントで励まされたり笑ったり、やっぱりいいものだなあ。

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part20

2013年06月13日 00:09



ローマンのガールフレンド(?)であるマロリーからの紹介を受けて、
エリザベータ・トーレスという女性からの仕事を請けることにしたニコは、
ボーハンには不釣り合いな感じの高層マンションへと足を運ぶのだけれど、
そこにはエリザベータだけではなくてパトリックという男もいた。
話を聞くと、そのパトリック(愛称パッキー)の護衛をして欲しいのだとか。
人付き合いがよくなく、腕に長けて、なおかつ余計な口を挟まないニコは、
用心棒にするのに最適な感じなんだよね。お仕事したらハイサヨナラ。
そんなプロフェッショナルな部分を見抜いたかどうか、
会話から分かるようにパトリックはかなり気に入ってくれたのかもしれない。

お仕事の方はというと、取引現場を向かいのビルから眺めつつ、
妙な真似をしたら支給されたライフルで胸なり頭なりをパーン撃ちぬくだけ。
案の定、売人たちが交渉の途中だというのに銃を抜くので、
それが取引する態度か!反省しろ!という気持ちを込めて狙撃しました。

PC版のメリットは、MODを入れることができるという点。
今回使うライフルも、L96A1の改良版であるAWPに外見を変えてあります。
銃声も変えてあるしね、やっぱり乾いた音はイイね。

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part19

2013年06月06日 02:55



今回も「メンメン」うるさいマニーの仕事を請けに団地の一角にある
コミュニティセンターへと足を運ぶニコさん。
前回のミッション中にマニーに車を乗っていかれてしまったので、
動画には収録していない部分で優しい一般のリバティー市民から車をお借りしています。
あとで忘れていなかったら返しに行きます。たぶん…。

どうでもいいことだけれど、マニーを見るとこの曲を思い出してしまう。
マニマニマニマーニー♪


WOWOWで放映されている、セレブ達が資金集めとかして戦うリアリティーショー。
「アプレンティス」のオープニングソング。"For the love of Money"

デニス・ロッドマンとか、ラトーヤ・ジャクソン、ジーン・シモンズなど、
日本でも知られてるセレブが出てくるから見応えあって面白いんだよね。
吹き替えはジーン・シモンズが中田譲治だったり、ロッドマンが楠大典だったりと豪華。
シーズン5の放映はまだかなー?


さて、話を戻します。
マニーからストリートを荒らしているノラ犬を殺して来いと言われて、
セーフハウスの近所で銃撃戦をおっぱじめるのだけれど、
ここで直ぐにカーチェイスになるので編集に全力を尽くしましたよ。
カーチェイスにはこういうフォード・マスタングのような、
クラシックでパワフルなアメ車がとても良く似合う。
短いチェイスではあるのだけれど、できるだけ映画のような雰囲気になるように、
カメラアングルなどにこだわりました。
注目して欲しいのは、最後にパトカーから逃げているシーンのニコの表情で、
普段のプレイ中は見ることができない細かい演出である
"指名手配されている間は表情が険しくなり周りを気にする"という仕様も確認できます。
本当に細かいゲームだよね。

では、次回もそう遠くないうちに作ります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。