スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part2

2011年06月23日 01:15



トランクに詰められて、アブスターゴ社のアニムス研究所から脱したデズモンド。
ルーシーに連れられて、協力者のいるアジトへとやって来ます。
アサシンの仲間は、アブスターゴ社つまりテンプル騎士団の末裔に次々とやられている様子。
あれほどの研究所を持つ製薬会社なので、力は計り知れないほど強大なのだろうね。

ルーシーは、デズモンドにアニムス2.0を通して先祖の記憶を追体験して貰い、流入現象によって彼にもエツィオと同じ戦闘能力が備わることに期待しているらしい。
それで巨大企業アブスターゴ社に対抗する気なのか…。

協力者のショーン・ヘイスティングスとレベッカ・クレイン、2人ともいいキャラしてます。
どっちも変わり者っぽいけど、技術者としては一流らしい。
日本語吹き替えも素晴らしいので、購入者は是非日本語音声でも遊んで頂きたい!
ショーンの顔と声は、実在のイギリスのコメディアンのダニー・ウォレスのものなので、字幕で声がダニーだと分かって顔も彼のものだと気づいた人もいるのではないかな。
日本語音声の飛田展男さんの声が、これまたいい具合に英語音声に近くていい感じなんだ。
神経質っぽく、ちょっとプライド高めで、それでいてチクチク突いてくる感じの声が素晴らしいw
レベッカ、機械にはめちゃくちゃ詳しそうで、ルーシーも彼女を頼りにしているようだね。
くすねてきたアニムスのメモリーを見た瞬間が一番キラキラしていたような気がする。
実際の子供よりもアニムスの方が全然可愛い、的な発言をするあたり性格が出ているよね。
きっと何かが起きて、デズモンドとアニムスがどうにかなったら、レベッカはアニムスの方の心配を先にするような気がするw

高性能になったトマト色のアニムス2.0は、何が変わったかというと、モニターしている協力者たちのアドバイスが中にいるデズモンドに伝えることが容易になっているらしい。
オペレーター代わりとなって、色々な補助的情報や詳細なデータを教えて貰うことが可能なのだ。
これにより、デズモンドやプレイヤーが世界史の授業に居眠りしていて、ルネサンス期のイタリアに詳しくない人生を送ってきたとしても、アドバイスを受けることでその時代に詳しくなれるってわけだ。
開発者の人が言っていたけれど、これでゲームでイタリア旅行ができる。
観光ガイドをつけて、実際のイタリアの歴史を歩いて見てまわるようなものだね。
脚色という名のスパイスは加えられているけれども、歴史考証の専門家などを制作チームに参加させているモントリオールチームは時代に忠実にストーリーを作り上げている。
街並み、人の生活、建築物、出来事、それらは全て過去にあったもの。
世界で一番歴史的建造物が現存しているイタリアには、今でもその建物が残されていたりする。
デズモンドと一緒にプレイヤーはイタリアの歴史にある出来事を追体験できる。
これは本当にワクワクするよね。

アニムスで飛んだ先のイタリアは、いくつもの地方に分けられていて、日本で言うところの戦国時代のような物。
いくつかある国同士が、我こそは我こそはと虎視眈々と地域の覇権を狙ってギスギスしている。
銀行家であるメディチ家などが有名だけど、大きなお家が支配する力を蓄えていたりする時代なんだね。
親たちが政治的なぶつかり合いなどを行っている裏で、お坊ちゃん同士の殴り合いは実際にあることなのかも。
エツィオは冒頭から手下を連れてライバルと戦ってたりして、かなりやんちゃな青年に育ったようだ。
ここからどうしてアサシンになってゆくのか。それが今作の大きな見所の1つ。

最後に一言。
みなさんは、川を大切に綺麗に使いましょう。
スポンサーサイト

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part7

2011年06月12日 14:39



アサシンクリードIIの投稿も平行して始まり、
グランドセフトオート4の動画製作もペースアップしていきます。

ローマンが、よっぽど従兄弟のニコがリバティーシティに来たのが嬉しいのか、
何度も何度も頻繁に電話を掛けて来ます。
うぜえって思う人もいるかもしれないけど、ニコに何があってこの街に来たのか、色々と1番に気に掛けているのはローマンなんだよね。ダメな部分が目立つけど、根はいい奴だと思います。
俺は好きだな、ローマン。

冒頭。タクシーのとんでもないシーンが撮れちゃいました。
前回のどんけつといい、自由度が高くて作りの細かいゲームほどミラクルが起きるので侮れない!
プレイ中に自分も笑ってしまったw

GTA4でとても人気の高いキャラクター、リトル・ジェイコブの登場。
ジャマイカ出身なだけあって、英語が得意な人にも難解な独特のラスタファリ英語を使うので、何を喋っているのか分かりにくいです。
ラスタファリ英語を調べてみたら、「me」とか「you」を「I and I」と言い換えたり、
「dedication」という言葉が「dead(死)」を連想させるから「livication」に言い換えるとか。
ネガティブに連想する言葉を、明るい雰囲気の言葉に換えたりするみたい。これは出身の人達でなければ難解だろうなあ。
さすがに彼らの話す言葉は、日本語版の字幕を手本にしないとまともに作れません…。
ローカライズするとき、どれだけ苦労したんだろう?

Part7になり、ようやくGTA4本番に入りつつあります。
銃も手に入り、銃撃戦も展開できるようになりました。そして後半にはまたカーチェイスあり。
依頼をくれる人物も増え始めて、色々な危険なミッションができるようになるでしょう。

次の動画更新は、アサシンクリードIIの方です。お楽しみに!

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part1

2011年06月04日 15:22



電撃的、とは自分では言ってはいけないのだろうけど。
いきなりですが、アサシンクリード2の字幕プレイ動画を新たに始めることにしました。
現在、GTA4の動画を投稿している最中ではありますが、
前から「アサクリ2の動画も見たい」というお声も頂いていましたし、
スピンオフのブラザーフッドも大人気で、最新作のリベレーションも注目されています。
新作の投稿はしない主義なのでしばらく時間は置いていましたが、時期が来たのかなという気がしました。

投稿するにあたり、ツイッター上でやり取りさせて頂いているUBIジャパン広報の辻良尚さんには、
ニコニコに投稿する旨を伝える呟きや、投稿後のつぶやきをリツイートで広めて頂き感謝しております。

http://twitter.com/#!/Yoshihisa_Tsuji/status/76563623220219904

辻さんは前作の時々鬼畜なアサシンクリードの動画も見て下さっていたそうです。
勝手ながら動画にしていた自分の行為を大目に見て下さり、更に応援して頂けて幸せです。
今年のTGS2011に行く際には、UBIブースにてお会いして改めてご挨拶したいなあ。

さて、Part1の内容ですが、UBIロゴの後に英語音声のトレイラー映像を流しています。
本来、ゲームのタイトル前には流れない映像ですが、エツィオの華麗なアクションや世界観を見せたくて、
字幕を挿入して繋げることにしました。その後のタイトルも「時々鬼畜な」等の文字を入れています。
3年前から動画を投稿していますが、その頃と比べるとかなり編集の幅は広がったように思います。
このアサクリ2のプレイ動画も、お約束を交えつつ新しい編集をガンガンできたらいいな。

前作のエンディングから続いてアブスターゴ研究所、源氏パイのシーンから始まるわけですが、
デズモンドの説明であらすじが話され前作を知らぬ人でも楽しめるようになっています。
それでも、動画だと説明不足になりがちなので色々と字幕で補足説明を入れることにしました。
ちょっと情報量が多くて目で追うのが大変かもしれないけれど、世界観を知るともっと楽しめるゲームなので、
一時停止しながらとか読んで頂けたら嬉しいな…。

ルーシーが化粧が濃くなってるのには驚くけれど、別にコメントにあるように「劣化」ではないと思うんだよねw
研究所じゃなくて、お外に脱出するわけだし気合入れて化粧してきたと思えば可愛いじゃないか…w

導入部分なので、ポイっちょデュクシわーわー成分は少な目かもしれませんが、
話が進めばもっと派手でスリリングな展開が待っているので楽しみにしていて下さい。
そして、GTA4の動画の方もペース落とさずに投稿して行こうと思います。
今後も引き続き応援をよろしくお願いいたします!

安全と平和を。

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part5 & Part6

2011年06月04日 10:16



3/11 自分の住む水戸も震災を受け、震度6の揺れを経験しました。
液晶テレビは吹っ飛び、ゲーム機は全て台から落ち、天井までの高さの本棚は倒壊。
棚の中のゲームソフトは全て投げ出され、攻略本や映画のDVDも散乱し、本棚の下敷きに。
電子レンジも床に飛び落ち、キッチンの食器は棚の扉を押し開けて床に落下し、ほとんどが割れました。
電気も水道も何もかも止まり、常磐線も高速も止まり、食べ物や水に困るという経験は人生初。
東北の惨状に比べれば、水戸の状況はまだ大したことではないと思いますが、怖かったです。

今は橋の通行止め解除も進み、高速道路は速度制限があるものの走行は可能、
常磐線も東北へは通っていないものの東京方面へは行けるようになっています。
物流もそれなりに回復し、不便な部分はありながらもそれなりに普通の生活は出来る状況になりました。
立ち入り禁止になっている市庁舎も、ようやく移転の話が出てきましたし。

今後はより一層、震災に対して注意していかないとなりませんね。余震もまだ続いていますし。

さて、それらの出来事がありしばらく投稿が遅れましたが、Part5とPart6を無事に投稿する事が出来ました。
ちゃんと動画の続きをあげることで、自分の中で震災を乗り越えた気持ちになりました。

Part5、ローマン暴行事件のせいで行けなかったミシェールとのデートです。
ボウリングのシーンは普通にプレイしていて楽しかった。プレイ展開が面白いことになっててお気に入りw
後半はまたタクシードライバーをやらされるんですが、ここでの客は字幕で省いていますがジャメインです。
コメントの中でジェイコブだと勘違いしている人がチラホラいましたが、まだ彼は登場していません。
ここでのカーチェイスシーンは短いながらもいいシーンになったのではないかな。



Part5ではアスペクト比を16:9にして投稿しています。
そして、Part6からは解像度を1280*720のHD画質にしてみました。
これまでの動画よりも凄く高画質になっていると思います。背景の文字も拡大して読めるはず。

ローマンとのアクティビティ(デートのようなもの)を紹介してみました。
飲みに行ったり、キャバレーに行ったり…。飲んだ後の酔っ払っているシーンは必見ですw
ニコとローマンのこのダメっぷりが可愛くて仕方がないんですよね。
物理演算の神様が荒ぶる、奇跡のシーンも撮れちゃったのでそこは是非見て欲しいところ。



コメントにもありましたが、この動画を思い出しましたねw 懐かしい。

動画の後半はブラッドの仕事を嫌々ながら進めます。
そろそろリバティーシティーの暗部がチラチラと見えてきた気がします。
チャンスの街と呼ばれているものの、実際の世界のように汚いことをしている連中もいるのです。
グランドセフトオートシリーズの独特の悪っぽい雰囲気が徐々に出てきた感じですね。

次回からは更に激しい内容になっていく予感です。お楽しみに!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。