スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part8

2011年10月29日 09:34




判事を始末し、復讐を果たしたエツィオ。
しかし、この事件はまだ終わることはなかった。

冒頭から、ショーンの解説や判事の手紙を見ます。
アサクリ2は、こういった解説の部分がとても理解しやすくて面白いです。
設定資料集やら後付けのものじゃなくても、こうして世界観を十分に理解できる、補足の資料がゲーム中で閲覧できるのはいいと思う。
プレイ中にスタートボタンメニューで、あるいはタイトルメニューで、いつでも好きな時に閲覧できるんだよね。
建物やその当時の風習などの解説もバッチリ。

そして、エツィオがソウルキャリバー5に参戦するというビッグニュース。
他社の作品にゲスト出演することはとても光栄なことだと思います。
応援しているゲームの主人公が、ゲームの垣根を越えて活躍するというのは本当に嬉しい!
発売は2012年。そういえば、現代のデズモンドがいる世界も2012年だね。

今作で追加された要素、悪評と吟遊詩人の存在。
ソーシャルステルス、集団に紛れる要素も重要ではあるのだけれど、何も悪いことをしていなければ街の中で呼び止められることもない。
殺人を起こしたのを目撃されたり、スリを見られたり、無実の人を殴ったり、道徳から道を外れた行為をするとメーターがたまり、道ばたの兵士にスタァァップ!されてしまう。
任務を遂行するのに邪魔されたくなければ、普段から大人しくしておくのが吉。
まぁ、自分は普段から道徳的な行動をとっているので、心配はご無用なんですけどね。

アサクリの物乞い、あれはとても鬱陶しかった。
後半になると3人同時に群がってきたりなんかして…。
しかし今作は既に3人同時に群がってきている。
その上、みんな違う歌を好き勝手に歌うものだから余計にたちが悪い。今までの比じゃない。
歌詞の内容が、実はエツィオを褒め称える英雄の歌っぽいものだから、あまり荒っぽく扱いたくない。
どうして切り抜けるか、そこら辺も悩みどころかもしれないね。

スポンサーサイト

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part7

2011年10月25日 01:18




群衆に紛れたり、人から小銭をかっさらったり…。
そういった類の能力が備わったエツィオですが、それだけではアサシンになれません。
今回はついに、レオナルドの手によってアサシンブレードを修復して貰います。
父が持っていた、古くから伝わる写本。これは暗号で書かれた、アサシンブレードの設計図だったのです。
それを解読してしまうのは、さすが天才レオナルド…としか言いようがないw

今後も写本を手に入れたら、レオナルドに見せればブレードを改良してくれるとのこと。
これまでは素手でしか戦えなかったので、思う存分に暴れようと思います。

前作ではアサシンブレードでガードができなく、かなり玄人向けの武器だったのですが、
2では防御することが可能になっていて戦闘が優しくなっています。
避けたり、カウンターを成功させないとフルボッコにされる仕様から改善されました。
これで、前よりも戦闘でアサブレを使いやすくなったと思います。
カウンター時の、ボタン操作のタイミングのシビアさは引き継いでいるけれど。

ウベルト・アルベルティ判事を暗殺しに向かうシーン。
新しく追加された、お金を撒くアクションを使いまくってみました。
頻繁に宝箱を開けたり、敵の懐をまさぐったりしてお金が貯まっているので、
これでもかというぐらいにバラ撒いてみました。
市民も敵も一緒になって群がるのが面白いんですよね。
娼婦にうつつを抜かしたり、金を一心不乱に拾ったり…、それでいいのか敵兵。

2になり色んな行動が取れるようになったことで、暗殺へ向かう方法が多彩になり、
プレイヤーひとりひとり違う形でアッサシーノ!できるようになりました。
思いついたことを様々に試してみるのも面白い。
ステルスアクションゲームが得意なら隠れてコソコソ。腕に自信があれば正面突破!

判事を暗殺し、復讐は果たしたわけだけど、今後の展開は…。
次回はまず、入手した陰謀の証拠を閲覧しようと思います。きな臭い!

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part6

2011年10月16日 22:40



父、ジョヴァンニの登場シーンは決して多くない。
けれど、カッコ良くて家族思いで素敵なパパなんだよね。
処刑シーンでサヨナラするのがとても惜しい、クールな人物なので、
こうして冒頭にアサシンクリード リネージのトレイラーを挿入しました。
内容もアサクリアサクリしていて、話も面白いので是非見て欲しい。

父と兄弟を殺され、復讐を決意するエツィオ。
しかし17才の男子には敵が強大過ぎて、容易なことではない。
今は逃げるだけで精一杯。
使用人アネッタの手助けがなければ、エツィオもどうなっていたことか。

アニムス2.0は高性能なので、外から語りかけることが出来る。
ショーンら現代の仲間たちが助言をくれたりするので、現代に戻る手間が省ける。
判事をどう懲らしめてやろうかと悩んでいる所に、追加で頼みごとをしてくるなんて…。
とにかく、イタリア各地に何らかのメッセージが隠されているとのことなので、
謎を解き明かしていくために注意深く探索してゆくことになりそう。
それにしても、いつの間に彼はハッキングしたり壁に文字を描いていったの…?
寝ているデズモンドの後ろでせっせとやってたんだろうか…w
こういう謎解き要素は前作よりもパワーアップしていて、アドベンチャー好きな人にはたまらないだろう。

セーフハウスが娼館とは、ちょっと驚き。
でも、パオラら娼婦は日本のくノ一のように情報収集には長けていそうだね。
スリのチュートリアルとか、何とも、らしい演出で良い感じ。

丸腰だと行動に制約がつきまくりなので、
早く次回、レオナルドの所に行ってアサシンブレードを直して貰いたい!
いっぱいサクッちょしたいのです。

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part5

2011年10月09日 05:12




家族からのお使いをこなし、再びパパシンからのお仕事を受ける。
複数の目標を達成することが必要なミッションだ。
1個1個の位置が離れているので、地図を正しく読み解く力が要る。

順調にミッションを解決するエツィオであったが、
帰宅するとひどい有様に…。

ストーリーがようやく始まり出したばかりだけど、結構重い話なんだよね。
復讐、が主軸となっている。
人が鬼となり、アサシンとなるにはそれ相応の理由がある。
今後エツィオがどういった形で話を展開させていくのか…お楽しみに!

メインストーリーはシリアスだけれど、合間合間で人を蹴散らしたりしてます。
自由度の高いゲームは好き勝手に鬼畜ができて楽しい。
デュクシとかポイっちょ、自然にやっちゃうんだな。

うーん。やはりフード付き外套はカッコイイ。
前作のアルタイルの服装と比べると、装飾などがついて豪華になっている感じ。
返り血で汚れたりしそうだなーとか心配になってしまいますw
今作では服装を染めたりできるので、そういう部分も紹介できるように動画作りします。

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part4

2011年10月01日 02:27



勝気な妹の彼氏を懲らしめることで、制裁ミッション。
病弱な弟の、羽根を集めてとの頼みを聞くことで、羽根集めミッション。
母の用事に付き合うことで、NPCと同行するミッション。
これらのチュートリアルになっている。

ドゥーチョに鉄拳制裁を加えるシーンでは、何度かNPCが妙な動きをする。
騒ぎの渦中、ど真ん中にいるのにも関わらず、ワタクシ関係ありませんのと言うかのように、
ススーッと抜けだしていくあの女は何を考えているのか…w
そしてドゥーチョはドゥーチョで、降参したら棒立ちになり、そのまま逃げようとする。
ここら辺の不自然な動きはかなり目を引くw

バナナマン日村にしか見えないペトルチオ。
彼の頼みを聞くお兄ちゃん。敵に絡まれながらも羽根をゲット。
前作の旗を集めるミッションと同じような内容で、羽根は各都市に散らばっている。

ペトルチオの元へ戻る途中、またエツィオは絡まれてしまう。
あの群衆の中なのに発見されるとは、エツィオはよっぽど目立つのか。
今後白装束になったら、もっと目立ってしまうんじゃないかな。

母上と同行するミッションでは、ルネサンス期を代表する芸術家が登場。
レオナルド・ダ・ヴィンチは様々な分野に長けた、まさに天才。
ちょっとググるだけで、彼の天才っぷりに驚くはずだ。
彼は今後、ストーリーに大いに関わってくるので仲良くしておいて損は無し。

アサクリシリーズは脇を固める登場人物たちも魅力的なんだよね。
人物の性格などを知りながら、チュートリアルを進めることが出来て楽しい。
初心者でも退屈せずにアサクリの操作方法に慣れるはず。
動画を見たら、是非自分でもプレイしていただきたいところ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。