スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part12

2012年01月20日 20:32



サムネにもしてみましたが、爆破シーンがあります。
いいアクションが撮れたので、VE機能で映画のように編集してみました。
スロー機能なんかも使ってみた。
ここら辺の編集は突き詰めると切りがないので、どこまでで納得する出来に仕上げるのかが難しいね。
今回のこのアクションシーンは満足な出来です。

そして新キャラが登場。
ローマンのネットで知り合った友達が登場するのだけど、何故かガチムチ。
筋肉バカのブルーシー・キボッツ。彼はファンの間でも人気があります。
何だか憎めないキャラをしてるんだなあw
こういうアクの強いキャラの台詞は、字幕にしていて楽しい。

ネットも閲覧できるようになったので、暇な時に覗いてみようかと思います。

後、車好きな人は今回手に入るマツダのRX-8に反応するんじゃないかな。
MOD製作者って凄いよね。製品版と言っても疑わない出来で作るんだもの。
室内も一瞬映すけれど、作りこみがマジで細かいんだ。
今後も色々な車を乗って見せたいと思います。
スポンサーサイト

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part11

2012年01月07日 00:20




あけましておめでとうございます。
本年も皆さんをニコニコさせる動画を投稿していくので、
応援をよろしくお願いいたします。

新年、1個目の動画はアサシンクリード2です。
東京の中野ブロードウェイではアサシンクリードアート展が凱旋して催されています。
お近くの方、東京に用のある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

アサシン クリード アート展 in pixiv Zingaro
http://www.ubisoft.co.jp/acr/art/tokyo.html


動画の方ですが、ビューポイントに登ったりシンボルを探したり、敵を蹴散らしたり。
結構自由に暴れまわってます。
暗殺任務の途中でも、こうして自由に散策できるのがこのゲームの魅力。
散歩したり、景色を眺めたりしているだけでも楽しいんですよね。

イタリア史、ヨーロッパ史に詳しい人ならニヤリとしてしまうような内容。
登場人物がパッツィ家の陰謀そのものです。
フィクションでありながら、史実にも沿っている、アサクリはロマン溢れるストーリーなのです。

今までの経験から、裏から回れば相手に気取られずに暗殺が可能なんじゃね?
と思いましたが、結局最後には正面から戦う羽目になる様子。
派手にチャンバラさせてもらいました。
マリオ伯父さんから教わったスキルも使ったし、結果オーライだよね!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。