スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な Grand Theft Auto IV Part15

2012年04月23日 23:05



今回から編集ソフトのCyberLink PowerDirector 10を使用しています。
Adobe Premiere Elements 10も購入したのですが、色々とどちらが良いか試行錯誤中。
Premiere Elementsの方はお仕事の動画を作るのには良いのですが、ニコ動用に使うには少し重たい印象。
今後はBGMやSE編集などの役に立ってくれそうです。
PowerDirectorは字幕ファイルを直に読みこんでくれるので、字幕編集に向いているようです。
SRTファイルを放り込んで、そのまま映像に載せることができるのが嬉しい。

Aviutlでカット編集をし、フェードイン・アウトを加えてAVI出力、
SubtitleWorkshopで字幕ファイルを作り、VirtualDubで字幕を映像に合成して、
Aviutlの拡張編集で細かい字幕やBGM、SEなどの編集を行なってMP4にエンコード。
といった流れが今までの動画編集だったんですが。

これからは、
Premiere ElementsかPowerDirectorでカット、フェード、字幕、BGM、SEの編集を行い、
Aviutlで細かい字幕(左など)の手を加えてMP4にエンコード、というような感じで短縮できそうです。

AviutlでBGM編集をする時、自分の勘と経験でBGMの長さとタイミングを映像に合わせてたのですが、
今後は編集ソフトがその辺の調整をアシストしてくれるので効率良く動画を作ることができそう。


ディミトリより依頼を受けて、ファウスティンを殺したその後。
しっかりと仕事を全うしたので報酬を受け取ろうとするんだけれど…、怪しい流れに。
過去に一悶着あったというブルガーリンまで登場してきて激しい銃撃戦に発展します。
ここで流れるBGMはPowerDirectorのBGM編集機能を使って、オリジナルの曲を作ってもらい、はめ込みました。
長さを指定したらちゃんとピッタリの曲を作ってくれるなんて凄い。
後半、警察とのチェイスになるシーンではまた別の曲を従来通り自分ではめ込みました。

使いこなせるようになれば、もっと色々な手法で編集できるようになりそう。
動画を作りながら、機能を学んでいこうと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。