スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な マックスアナーキー Part5

2012年09月10日 23:36



回想シーンから始まるPart5。
墓の前に佇むジャック、墓標にはステラの名前が書かれている。

1_20120910230339.png

このムービーの中でわかるのは、ジャックには娘がいたが既に亡くなっており、
その原因は市長の娘の警護にあたっていた重犯罪者処理班(BPS)の流れ弾だということ。
バーで飲んでいるときにそのBPSが乗り込んできた物語冒頭のシーンを思い出すと、
ジャックの立場としてはかなり腹の立つ状況だったんだろうと考えられる。


娘のことを思い出しながらやって来たのは、棄てられた軍港ポート・ヴァレンダ。
元々は軍港だったが廃棄されてしまい、今は動画を見ても分かる通りギャングの溜まり場になっている。

4.png
↑空母が停泊しており、甲板上には艦載機がある。いつも空爆してくる戦闘爆撃機と同型だ。

ギャングの手によってリゾート地として再生されており、中でもカジノが人気なんだとか。
ここらを牛耳るゴロツキ共を統べるボスは、関西弁で喋り豚のような風貌をしているとか何とか…。

前半のフリーミッションは「疾風のように」。
フライング・プラットフォームに乗って制限時間内に周回コースを5回周る。
単なるタイムレースかと思えばそうではなく、コース上にはミュータントが配置されており、
うまくひいたり燃やしたりしながらスコアを稼いで進んでいくのだ。
効率良く倒しながら進むのって結構難しい。何度も挑戦できるのでストレス解消にも最適w

2_20120910232112.png
↑言葉での説明は難しい。とにかくグシャグシャのドッカドカ。

自機がどれだけ爆発に巻き込まれても無事なのは、
きっとこのレースに使われている機体がドイツ製だからだと思う。頑丈。
レース中は字幕と左字幕で実況と解説チックにしてみました。
また何か競技的なものがあったら、実況解説をやる…かもね!

メインミッション「ガーゴイル小隊」。
いきなり襲ってくる対ミュータント用量産型兵器ガーゴイル。
変形し飛行も歩行もできる重武装メカということで、非常に高価なんだとか。

3_20120910232606.png
↑ガーゴイル。両腕に近接攻撃用プラズマ・アーム。肩部に小型ミサイルを内蔵。

大量に向かってくるのをガトリング砲で撃墜。急にシューティングゲームに。
撃ちこぼした数体が上陸してくるので、近接戦闘へと発展する。
周囲を飛ぶ連中が銃撃してくるのがうっとうしく、2体で向かってきたりして厄介だ。
近くにアイテムボックスが何個も落ちていて、中身はミサイルなどの強力な武器なので、
それらを使って一気に倒してしまうのもいいと思う。

ジャック1人に対して高価なガーゴイルを多数投入する人物とはいったい…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。