スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス製iPhone5保護フィルム「SPIGEN SGP シュタインハイル GLAS.t スリム」レビュー

2013年03月18日 16:19

久し振りに動画以外の記事ですよ。

先日、iPhone5の保護フィルムを新調しまして。ガラス製にしました。




なんて呟いたら、レビューして下さいと何個かリプライを頂いたので記事にしましたよ。

iPhone5にはこれまで高光沢防指紋加工のフィルムを使用してきたのだけど、
いくら防指紋加工であっても手垢などがしつこく付いた場合は拭うのに苦労した。
多少の汚れは乾いたマイクロファイバータオルで除去できるんだけど、
雨の水滴が混じったり今の季節は花粉が混じったりと画面が派手に汚れたときは、
ウェットティッシュなどで完全にキレイにするほかなかった。
あとは、ポケットに入れたときなどに何かと擦れて傷がついたりするのにも困ってた。

傷に強く汚れも寄せ付けず、尚且つ高光沢を維持してくれるフィルムはないの!?
と、調べた末にiPhoneに詳しい同僚から教わったのがSPIGEN SGP社の「GLAS.t シリーズ」。
汚れず、画面もキレイだ。とオススメされ、自分はそのスリム型を購入することにしました。

photo (1)

グラスと名前に入っている通り、強化ガラス製の保護フィルムです。
一緒に背面保護フィルムとホームボタンシールも購入。

photo (4)
▲背面保護フィルム。エレコム製。

photo (3)
▲ホームボタンシール。アルミ製で質感抜群。なぜか開封前からホコリっぽい。

photo (2)
▲GLAS.t スリム。背面フィルムやホームボタンシールもついてるけれど
 今回はこの付属品は使わず。

服からパンツまで全部脱いでスッポンポンになり、シャワーを出し湯気のある浴室で貼る。
全裸だとホコリは舞わないし、湯気で舞っているホコリもどこかへやってくれる。
とてもキレイにフィルムを貼ることが可能だ。

貼るときに苦労したのは、通常のフィルムのようにしならないガラス製なので、
端からちょっとずつジワジワと貼るという手法が使いづらいということ。
下手に力を入れると割れてしまいそうなので、貼り直しをするのにも気を使ってしまった。
でも、上手く貼れば、何も貼っていないかのように完璧にマッチする!凄くキレイ。
ガラスの上にガラスを貼り付けているだけだから、透過性は最高だ。
これね、マジで凄い。マジで。ステマとかそんなんじゃなくて。
汚れた指で触ったあとでも油分付いていても、サッと拭ける。ガラスだから。
それでいて指すべりも良くなった。お店のホットモックとか、何も貼ってない状態みたいな感じ。

欠点といえば、先ほど書いたように貼るのに少し神経を使うというのと、
ガラスなので少しだけ本体が重くなる、やや厚みがあるのでホームボタンが余計に窪む、
そして場合によってはケースなどがうまくはまらなくなるということ。
ここら辺に注意してクリア出来れば、最高の画面保護神となってくれる。

ホームボタンが窪むという点については、付属のボタンシールを使用してもいいが、
今回はアルミ製のカッコイイやつを別に用意したのでそれを貼った。
シールが目立って目印になるので、iPhone5を上下持ち間違えることもなくなり、
滑り止め加工でホールド感もアップし、押下するときもカチッカチッと押してる感が増した。
0.15mmほどフィルムよりせり出ているのも押しやすくていいと思う。

2013-03-18 153523

背面にはエレコム製のフィルムを使用したが、これも驚くほどに出来がいい。
気泡ゼロ気泡ゼロとうたう商品は今までたくさん見てきたけれど、どれも気泡は入る。
入った上で押し出しやすいとか、数時間で空気が抜けてくれるとか入った具合で、
貼った瞬間から最初から気泡が入り込まないというのはありえないことだった。
ましてやiPhone5の背面の部分は、りんごマークが浮き出ている作りになっているので、
どんなフィルムでもそのマーク周辺だけは絶対に空気が入って浮いてしまう。
だけど、この今回使った背面フィルムは、貼り付けようと追いただけでもう空気が入り込まない。
しかも驚いたのが、リンゴマーク周辺も気泡ゼロなんだ…。これは一体どういう仕組みなの?
とにかくペターっと完全に貼り付いてくれる。

2013-03-18 153631
▲これでもうケース無しの裸持ちでも怖くない。

2013-03-18 153728
▲仕様上、両サイドに黒い帯がデザインされているのは少しダサイ。

やっぱり、電話なんだし、汚れとか傷を気にしてビクビクするのは間違ってる。
だがしかし、携帯電話は昨今は平気で6~8万円もする高級品だ。
記事にしたこれらは、そこら辺の不満を全て解消してくれるアイテムだと思う。
安く買ったフィルムに傷がついてたり、落ちない汚れがついてしまう人、
これからiPhone5を買おうと思ってるけどフィルムに迷っている人、
ケースを使いたくないんだけど裸持ちは心配だ…と悩んでいる人、
間違いなくこのガラスフィルムを貼れば解決しちゃいます。


今、ドイツで設計されスイス精鋼を材質に使っているバンパーを注文して取り寄せ中なので、
それも届いたらまたレビュー記事を書こうかな。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。