スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス製iPhone5保護フィルム「SPIGEN SGP シュタインハイル GLAS.t R スリム」レビュー

2013年03月28日 23:44

先日、iPhone5の液晶保護にGLAS.t スリムを購入したという記事を書きました。

ガラス製iPhone5保護フィルム「SPIGEN SGP シュタインハイル GLAS.t スリム」レビュー
http://tokichiku.blog64.fc2.com/blog-entry-146.html

すこぶる調子が良くて、傷も付かず汚れもサッと落とせる最高の液晶守護神です。
ネット上のレビューを見て最初は「本当かなあ」と思っていたけれど、
実際に使ってみて本当に高品質で素晴らしい保護フィルムだというのがわかった。
ポケットにキーなんかと一緒にサッと入れても傷つかず。
汚れたり脂がついても布でひと拭き。決して汚れが伸びたりせずに拭き取れる。
ほかのフィルムを使っていた時は、
どんなに気を使っていても細かい傷は付いてしまっていたのだけれど、
このGLASシリーズならば絶対に大丈夫だ。安心感が大きい。

そもそも、保護するためにフィルムを貼っていたのに、
そのフィルムに傷が付かないだろうか大丈夫だろうかと心配していた今までがおかしい。
心配事がついて回れば、どんなに新しくて楽しい携帯も面白く扱えないだろうしね。


さて、また改めて今回も記事にしているのはなぜかというと、
その使い心地の報告をするためではなくて…。
妻にも使ってもらうためガラス製フィルムを新たに手に入れたからです。
実はGLAS.tよりも新製品のGLAS.tRスリムが出てたんですね。

photo (5)
▲シュタインハイル GLAS.t R スリム プレミアム スクリーン プロテクター

市販のPETフィルムより3倍の強度のあるガラス製で、カッターや鍵で傷が付かない。
ガラスだけれど万が一割れた時でも散らばったりしない飛散防止加工。
油分を弾く撥油コーティング加工で汚れを寄せ付けない。
というのは自分が付けたGLAS.tと同じなのだけど、大きな違いといえば…、

photo (7)
▲フチが丸くなっている。ラウンド加工。

フチが丸くコーティングされていて、指ざわりがいいのはもちろんのこと、
従来の製品よりさらにさらに液晶との一体感が強まっている。写真ではわかりにくいか…。
触って比べてみると、GLAS.tのフチより丸くて触り味がいい。滑らかでツヤっとしている。
長時間行動を共にする携帯なので持ち味がいいっていうのは重要かもしれないな。

装着はもちろんお風呂場で全裸でシャワーを出しつつのホコリ完全封殺貼り。
ペラッとしたフィルムではなく、0.4mm厚のガラスなので、貼るというより乗せるという感じ。
難しそう…と感じるかもしれないけど、自分は2回目だからか否か簡単に貼ることができた。
4ヶ所のフチを指先で持ち、ゆっくりと液晶に降ろす、ここでもし位置がズレてしまっても、
上から圧迫する前であればフチを爪の先で押すことで調整が可能だ。
ホームボタンの位置を目印にして、少しずつズラしてあげれば大きくズレない。
あとは、上から付属のヘラで圧力をかければ空気がキレイに抜けて装着完了だ。

photo (6)
▲自分の時よりも慣れたからか、キレイに貼れた。ホコリゼロ。空気ゼロ。

妻の感想としては「指すべりがいい」「液晶が何も貼っていないようにキレイ」とのこと。
自分も最初に装着した時はそう感じた。もうこれに慣れればほかのフィルムは貼れないなあ。

photo (8)
▲何も貼っていないかのように鮮やかな液晶。

ガラスにガラスを貼りあわせているわけだからキレイ。
透明感のあるフィルム、ではなくて正真正銘のガラスだから実現できることなのかも。

とにかく、iPhone5を購入して貼るならこれという感じ。
値段に見合った効果を発揮してくれるどころか、値段以上のクオリティと言ってもいい。
べた褒めで怪しく感じる人もいるだろうけれど、使ったら納得のことだと思います。

SPIGEN SGPはほかにもバンパーなども出していて、それもちょっと気になる。
また何か手にする機会があれば、記事にするかもしれません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。