スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な ASSASSIN'S CREED II Part28

2014年02月22日 04:00



YouTube版はこちら

ヴェネツィアの盗賊らの手助けをすることになり、
街を探索し始めたのだけど、冒頭から兵士に絡まれ暴れまくり。
向こうが背中を突き飛ばしてきたからね、仕方ないね。

鳩小屋へと足を運び、暗殺のサブミッションを請け負う。
手紙にはメディチ家当主ロレンツォの直筆にて…、

サルヴィアーティの共謀者を抹殺する手助けをしよう。
君のもとに部下を1人送る。
この男が操るゴンドラに、
少し離れてついて行けば標的のもとまで連れて行ってくれる。
しかし途中での無意味な戦いは避けたまえ。  ―L


と、書かれていた。
無意味な戦いですと?そんなもの今までありましたかな?
いいや、無意味な戦いなどありませんとも。
すべての戦いに意味はありました。あったものー!

そして今回も無意味な戦いはありません。
邪魔をする弓兵の首根っこをつかんで運河に投げ捨てるだけの簡単なお仕事。
知らせを聞いた依頼主Lはストレスで禿げ上がるだろうけど。気にしない。
前作ではマリクが毎回頭抱えてたけど、今作ではメディチが大いに悩む感じに。

ゴンドラを追いかけるんだけど、これってローザの護衛のときと同じ道だなあ。
と、見覚えある風景をピョンピョン進む。
最後は暗殺の標的がいる船に泳いで接近するんだけど、これ普通バレるよな…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。