スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々鬼畜な 『 Grand Theft Auto IV 』 Part2

2010年12月28日 12:59



今年最後の動画の投稿です。
当初の目標通り、年内に予告編を含めた3つの動画を投稿できました。

Part1に負けないクオリティの編集を目指し、
今回も妥協なき動画編集の姿勢を貫き通しましたよ。
冒頭から流れるBGMは、映画『ペイバック』の曲です。
ダーティな雰囲気溢れるGTA4の世界観にはピッタリです。

字幕プレイを本格的に開始する前に、このGTA4のクオリティの高さを見せたくて、
冒頭のNPCの反応などを見せようと思いました。笑い所も用意したりして。
掛けたお金によってゲームの素晴らしさが付いてくるとは一概には言えませんが、
100億円を投入して開発したゲームエンジンは凄いの一言。人の動きが自然です。
何かにぶつかってよろけた場合、足元の段差でこけたりします。
車が激しく衝突した場合にはフロントガラスを突き破ってお亡くなりになったりします。
そういった本当にリアルな動きを、ニコが見ていない場所でも行ってたりするのです。
警察はニコが人に暴行しているのを見かけて追跡しますが、NPCのケンカも仲裁したりします。
まさにリバティーシティという架空の街が息づいているのです。

ちなみに、100億円掛けて作ったGTA4ですが、初日で300億円を回収しました。
1週間で600万本、500億円のセールスまで達成してしまいます。
当時の書籍、音楽、映画などのトータルの業界売り上げギネス記録を更新し、
『ハリー・ポッターと死の秘宝』を抜いてトップになったのです。
トンでもないゲームだと思います。



<今回使用したBGM>

ローマンのタクシー事務所から出てきたシーンで流れる曲は、
フランス出身のエレクトロ・デュオである『ダフト・パンク(Daft Punk)』の
『Harder, Better, Faster, Stronger』です。

ローマンと共に工具店につき、車内で借金取りを見張るシーンでは、
再び映画『ペイバック』のBGMを使いました。

借金取りから逃走する場面、ここはとても盛り上げたいシーン。
カメラアングルにもかなりこだわりました。
Part2の中で最大の見せ場だということで、高揚する音楽をと思い、
アサシンクリード2の『Chariot Chase』を使いました。重低音に燃える。

ローマンを事務所に送り、ニコが車を走らせるシーンでは、
UKバンドの『ミューズ(Muse)』の『Supermassive Black Hole』を流しました。
短いシーンなのでとてもインパクトのある曲にしたかったので、
妻に相談したところいくつか参考になる曲を教えてもらい、最終的にこれを選びました。



Part2だというのに結構派手な内容になったような気がします。
次の投稿は来年に入ってからになると思いますので、また楽しみにしていて下さい。
今後も全力で編集した動画をお見せしていきたいと思います。

それでは皆さん、今年も1年ありがとうございました。
少し早いご挨拶になりますが、よいお年をお迎え下さい。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。